適正な費用で住宅解体工事を依頼する為に

住宅の建て替えの際、どうしても避けて通れない段取りとして古い住宅の解体工事を挙げない訳にはいきません。なぜなら住宅の建築同様重要で費用の掛かる工事であり、当然この工事が無事に完了しない事には新たな土台も住宅も造る事が出来ないからです。

 

7年前に祖父母が相次いで無くなりました。田舎の一軒家で今は誰も住んでません。土地が借地権付で建物は祖父母のものでした。財産分与を行い私の母の持ち家となってますが、解体するのに300万掛かる為放置しています。

 

本当は早く処分し更地にして地主さんに返したい気持ちはあるのですが年間の土地代と税金を払う方が安い為中々腰が上がらない母です。

 

今は年5回家族の誰かが泊まりに行き年末には大掃除をしてます。
私としてはこのまま空き家でも良いかなと思うのですが、地主さんから最近祖父母宅を壊してくれないか?と相談を受けました。

 

解体費用の相談を地主さんにした所「実はこの土地に○○会社を建てたいと言う方が現れたとの事。
地主さんも高齢になりこの土地を売りたい事が話し合いで判明しました。

 

人に迷惑は掛けたくないのですが、300万のお金は持ち合わせていない事を地主さんに伝えると、地主さんが快く対応を新しく会社を建てようと思っている不動産屋にて説明して下さり、近々話し合いの場が持たれると決まりました。

 

まずは和歌山に住んでいるので和歌山での解体工事見積費用を出してもらいました。
新築同様、解体工事を依頼するケースが人生の中でも極めてレアでしょうから、段取りや依頼方法、そして最適な業者選びと慣れない事だらけとなってしまうのは確かなのですが、それでも現在ではネットという大変便利な検討ツールが存在していますからかなり有利なのは間違いありません。

 

大抵の場合、新築を依頼するハウスメーカーや工務店から解体業者を斡旋してくれるものなのですが、その業者が請求する解体費用が果たして適切なのか、素人同然の依頼者側がそれを判断出来る基準を持たずノウハウに乏しい事が大きな問題となり易いのです。つまり不当に高い費用を請求されたとしても、それが適正と思い込んでしまいかねないのが弱点となる訳です。

 

それを改め自分なりの判断基準を確立するには、やはりネットの比較サイトや見積もりサイトを通じ独自に目ぼしい解体業者数社に見積もりを行ってもらい、それを基準に判断し依頼するのがベストと言えるでしょう。今なら初心者でも扱い易い比較サイトがあり、意外と便利なものなのです。

<PR>|健康マニアによる無病ライフ|クレジットカードの即日発行じゃけん|GetMoney|マッサージのリアル口コミ.com|生命保険の選び方|生命保険の口コミ.COM|童話|心の童話|ショッピングカート|英語上達の秘訣|JALカード|工務店向け集客ノウハウ|住宅リフォーム総合情報|貯蓄|内職 アルバイト|